関金でフライフィッシング!!

管釣りに会員さんと行ってきました。すごくよく釣れて楽しかったですよ。
鳥取県関金にあります、清流遊YOU村フィッシングセンターにお邪魔してきました。

10年くらい前・・・もっと前かもしれませんが、ココには小規模ではありますが、リリース専用のルアー・フライの池がありました。河床の変化による取水不能と、釣った魚を直ぐ側にある小泉川へ放流を繰り返すマナーの悪い人も出没するようになってしまい、惜しまれながら閉鎖となりました。
ルアー・フライの人たちの受け入れ先として、従来餌釣り専用区であった仕切りのあるストリームエリアを開放するということになり現在に至ります。

さて、今日は会員N氏と現地集合です。
朝9時に集合して9時半には放流立ち会い。釣り開始です。
川は多くの仕切りがあり、放流した区画は専有できます。
空いている区画は自由に釣っても良いので、自分の区画を釣りきったら他の区画へちょっかいを出しに歩く感じで1日が過ぎてゆきます。

先日お邪魔した、白賀渓流釣り場と大きく違うのは、年中無休(積雪時は休まれるそうです)であることと、魚種が多く選択できることです。混在は出来ませんので、筆者はニジマスを、N氏はヤマメを頼んで入れてもらいました。
Exif_JPEG_PICTURE
秋の遊YOU村は人気が高く、当日は20人近く入っていたようです。
1名4000円、周辺の管釣りと比較しても割と高めです。魚は多めに入れてくれます。
よく釣れるので、満足度は高いです。

2人で、ニジマスとヤマメを釣り比べしながら、ノンビリとミッジングに勤しみます。
Exif_JPEG_PICTURE
ヤマメは落ち着くまでフライには出ませんので、ニジマスを20#~24#のフライで釣ります。
ティペットは0.4号、8☓くらいです。
もうちょっと落とした方が楽に出せるのですが、ニジマスは尺クラス。
ランディングが厳しくなってしまいます。
ヤマメは20センチ位がアベレージですので、楽に釣ることができますね。

スレてくると、極端に反応しなくなるので、フライローテーションは頻繁に。
いよいよ出なくなりますと、沈ませて狙います。

ニジマスは入れた数くらい出しましたが、ヤマメは結構残しました。その代わりに歩き回ってヤマメの数を稼ぎ、ニジマスとヤマメ同数くらいは釣ったのではないかと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

夕暮れが迫る頃、雨が振りはじめました。もう満足ですので納竿としました。

区画式の面前放流タイプの管理釣り場は、年々数を減らしていると聞きます。
また養魚場そのものも数を減らしているのだそうです。
年間通して世話をする必要がある養魚業という職業のキツさや、従事する方々の高齢化などが主な原因です。自然相手の仕事でもあり農業と同じようなリスクにさらされているにも関わらず、小規模かつ民営の養魚場は組合組織などの互助制度が貧弱だったりで、一発の災害で廃業に追い込まれる可能性が高いのです。
ここ小泉養魚場さんは比較的規模が大きいので、そういった心配は少ないのだと思いますが。

中国地方の特有のお話ですが、海面養殖銀鮭の幼魚畜養の下請け業務を受ける養魚場が増えてきています。成魚まで育てる必要がなく、年間を通しての仕事から開放されるというメリットも有り、また現金化が容易である部分も好まれています。
まあ、下請け業務ですからコストカット要求に正面から向き合うデメリットもあるにはあります。

在来種の養魚に携わる人や企業の減少は、言わずもがなかなり痛いです。
漁協さんが魚を購入して放流するのが当たり前になっている現在、未来はあまり明るくないですね。

それと、銀鮭は非常に溶存酸素の低下に脆弱だとのことで、水質の管理は在来魚やニジマスなどと比較して大変な部分もあるのだそうです。

たまには管理釣り場でワイワイと遊ぶのもオフの楽しみです。
読者の皆様もご興味がわきましたら、是非訪問なさってくださいね。

この記事は会員製作コンテンツ内の管理釣り場釣行記にリストされます。

投稿者: tsuki

しがないフライマンです。フライフィッシングファンのボトムアップを担います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください