庄原市でフライフィッシング!!(レポート)

釣り(フライフィッシング)をもってリゾートとした最初の釣り場は阿寒湖だとすると、
2番めはフィッシャーリゾート庄原で合っていますか?(大汗
軽口はこのくらいにして、レポート書き進めてゆきますね。

釣行日 2019年11月21日(木曜)
場所  フィッシャーリゾート庄原
参加者 FFA岡山会員、ゲスト 計3名

会員さんの車に便乗の楽ちん移動。ありがとうございます。
早朝にゲストの師を迎えにゆき、福山を7時前に出発。

到着は8時半、受付を済ませ、徒歩で桟橋へ向かいます。
農業用ため池を活用した釣り場の真ん中を横切るように浮き桟橋が架かっています。
バックも無限に取れ、フライフィッシングにはとても良い環境です。
77156927_819122951838174_7007026379334090752_n

竿を組み立て、リールを装着。

フライは先ず、オクトパスボム14#イエローでスタート。
あまり反応が良くないです。
たまに思い出したように当たりがありますが、たまにしか針に乗りません。
小さな虫がハッチしていますので、極小ミッジ、0.3号ティペットで数匹出します。

午前はそのまま数匹で終了。例年ほぼ同じフライローテーションでしたが、なんとも味気ない感じ。
お昼はセンターハウスの食堂でカレーうどんを食し元気を回復します。

昼からはどっぷり沈めて(底付近)釣るべくリーダーシステムを改作。
ティペットを細く長くして底付近を狙います。
赤系のエッグで大当たり。魚の活性は徐々に上がってきました。
ペレットタイムまでは沈めて沢山の魚を出すことが出来ました。

ペレットタイム後は、中型のブラウンがライズを広範囲で始めたため、ドライフライに変更。中型のよく見えるカディスでデブのブラントラウトを数匹ランディング出来ました。

73093321_1433931953442983_5835797842916016128_n
ルアーで釣るO会員、流石に上手いです。
フライとの2刀流でしたが、ルアーで十分釣れたようです。
昼からに関して言えばフライは釣れ過ぎでありました。

78053370_487786658491558_4741235512113627136_n
スネークトラウトというのだそうです。イワナみたいですね。
ブラウントラウト、ニジマス、コーホーサーモンなど色々釣れました。

夕刻のイブニングライズは圧巻でした。
大きめのカディスがハッチしていることもあり、大きめのカディスフライで何匹か釣り上げました。初心者の方でも、マッチするフライがボックス内にあればよく釣れると思います。

ポンドタイプの管理釣り場は、関東では釣り場が乱立するほど需要があり、実際数も多いです。

先般訪問した、白賀渓流釣り場 や
湯原温泉自然鱒釣り場などの有名釣り場もありますが、フライ可能なポンドタイプでは岡山からは一番近い
のが、ここFRSです。そして関東等と比較して圧倒的に数が少ないです。

秋の一日、釣り場で過ごすのも一興かと思います。ぜひご訪問なさってみてください。

この記事は管理釣り場釣行記へリストされます。

投稿者: tsuki

しがないフライマンです。フライフィッシングファンのボトムアップを担います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください