キアシドクガの毛ばりを所望す。

小雨の予報ですが、降雨が無いと釣れないという困った支流があるので(笑
調査に行くことにして出発。

朝の倉敷は大雨でしたが、県北へ行くにつれて前線から遠ざかるため霧雨くらいです。ホームのイワナの川をちょっとだけ釣り、昼から大移動して目的の川へ入る予定で動きます。
朝からの雨量ではあの支流は水が足らないでしょうから。

テクテク歩いて入渓。
イワナの川です。チビはポンポンと落ち込みで釣れてきますが、大場所の良いサイズは見に来るだけとか、スレで掛かってしまう事態が頻発。
出るけど毛針をを食べてないのでしょう。

天候の割には、カゲロウもハッチしていますし、アントもウロウロしています。
堰堤上に高巻き、上から水叩きの溜りを見下ろしていると、ライズしています。
さっき釣ったばかりの流れでライズとは小癪な!

後学のために暫く観察します。

上空を見上げると、モンシロチョウのような昆虫がパタパタと飛んでいます。
じっと見ていると、寿命なのか、雨に打たれてなのか不明ですが、水面にポトリと落ちてバタバタしています。
食べるか?と見ていると大イワナがバチャッとライズ。
またライズ!
どうもこの白い蛾のような昆虫に執着しているようですね・・

帰宅後調べると”キアシドクガ”という蛾のだそうで、大山周辺では毎年決まった時期に集中発生している種のようです。
蝶だと思っていましたが、蛾(モス)なんですか・・なるほど。

ちびっこは、偏食することなく無邪気に出ますが、デカイのはあれしか食わん!といった風情で蛾が落ちてくるたびに激しいライズを繰り返しています。
モスフライなど巻いたことがないワタクシ・・・勉強いたします。

午前の釣りを終える頃には雨も本降りに。

脱渓途中に事件です。
泥で滑ってコケました。突き指と手のひらから流血です。イタタタ。
止血するにも材料は花摘み用のティッシュのみ。
今日に限って、レインウエア対策で荷物の減量した中にエマージェンシーキットが。

小指が痛いですが、折れては居ないようです。止血しながら土手を歩き車まで帰還します。

簡単に治療を済ませると、移動開始。
大山方面へドライブです。平日釣行は移動するにもプレッシャーはありません。
休日でもガラガラの釣り場です、誰も居ないはず。
閑散とした山中で、おにぎりをモグモグ。
釣り人なんてどこにも居ませんわ。
都会近郊の釣り事情を思うと贅沢なオハナシです。

川へ降りてみると、普段水がない流れですが、半日降ってちょっと増水しています。
早速大きめの毛針をつけて、入渓しますよ。コケないように慎重に。

1投目からバシャっと釣れてきます。増水バンザイ。

ヤマメのはずが、アマゴさん。

かっちょいいのも出てきます。サイズは20~25センチと普通ですがたくさん出てきます。この流れはやっぱり雨の日が良いです。

前進に時間がかかり途中で脱渓します。道が脇にあるので藪こぎしなくて楽ですね。
車へは17時帰還。あっという間の4時間でした。

大イワナは”キアシドクガ”フライを作って、来週再挑戦する予定。
それまでに手を完治させないと高巻きが出来ません(大汗

あちこち見にゆかねばならない流れがあるのですが、流行り病のせいで出遅れており全部回るのは難しいかもしれないです。できるだけ頑張ります。

投稿者: tsuki

しがないフライマンです。フライフィッシングファンのボトムアップを担います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください